(2001年6月16〜17日)

   九州の名渓 祝子川・花崗岩を穿って流れるその水は秀逸で鮮烈!多くのファンを魅了してやまない。
  その祝子川の中流域にある祝子川ダムの 又更に下流に大きな支流”桧山谷”が注いでいる。
  流域面積の大きな支谷である為、水量も豊かで変化に富む。標高はさほど高くは無いが、夏の沢ならでは、
  積極的に水に親しんでみてこの谷を愉しもう。 しかし・・・ここにも!

  桧山谷にも大きく右股と、左股の二つの支谷を持つ。今回は脱出が容易な右股に入ってみた。谷の左岸
 の遥か上部を走っている林道から、周りの地形を確認し、適当な下降ポイントを探す。しかしここも下降する
 斜面は急斜面でなかば転がりながらの下降になる。谷の音が近づいてきた・・・・ 丁度二股の箇所に降り
 立つようだ。


                                  ■噴出す滝の所に降り立った、遡行開始だ。
         
■何があるか分からない、フル装備で望もう。



   ■深い淵を渡る F谷君・・・何か・!
   



                   ■難なく渡りきりそうだ・・ちょっと残念♪

                



   ■両岸岩稜で、大きな釜を持った斜滝は 泳いで取り付こうとするが 
    岩が滑って上手く登れない。

    



               

                 ■岩場から上部に出て、ジッヘル用のハーケンを一枚打った。
                 セルフビレイを取った後は、ザイルで1人ずつ大釜を手繰り寄せる。 
                 這い上がってきた天唐さん。

                 



 

 ■激流にもまれてあがれないF谷君。                   
    





                             ■岩もヌルヌルで掴みどころが無い。
                              
 

 







命乞いをするF谷君。
 確保してるから大丈夫だよ!



■開放的な渓の区間を暫く歩いた。
     
 

■撮影用に取り付いてみたが・・・これは登れません。 
 ヌルヌルの上に急斜で、これから降りるのも苦労しました。
 上がらなければよかった・・・ここは右岸をかなり高く巻いた







     ■高巻き中に立派なマムシ。
     





 ■お助けで越える小滝が連続する。                ■羽峡さん小巻きに巻いて テープで下降する。
    



  〜〜途中辺りから何か 変な予感はしていた・・標高もさほど高くないし、水温もそれほど冷たくはない・・
    そろそろテンバでも決めるか、とそんな時・・ 悲劇が皆を襲う 〜〜〜




★★なんと山ヒルが出た!!!スパッツのあたりを何気なく見ていたら一匹張り付いている!
 天唐さんも沢靴と腰の辺りから次々えおヒルを発見する。ここは祝子川・・?ヒルがいるとは全く
 知らなかったし聞いた事もない。さあ大変だ遡行打ち切り!皆でヒルチェック出るわ出るわ・★★





     ■腰の辺りに ピッタリと張り付いてたヒルを手に掴み戦闘態勢に入る天唐さん。
      



   ■突然のヒルの猛攻に 茫然自失の天唐さんと・・・ 
       




                           ■なぜかパンツを半分上げないF谷君。ヒル退治に集中だ!
                            

 ●しばし一同 我を忘れてヒル退治に励んだ。スパッツの中と ズボンのベルトの内側から多くのヒルを摘出して
  取り合え一息・・・ 地面から立ち上がり首を左右に振る「ヒルダンス」を見ると、彼らも必死なんだなぁ〜と思う。
  でも、ちょっとご勘弁願いたい客である●



■フライシートを張ってひとまず落ち着こう。              
   
                                       ■手作り餃子のお出ましだ。ヒルも刺激物には弱かろう。



           ★充分に日帰りできる時間だが、源流野営も我々の使命。
              思わぬ招かれざる客のオマケ付で桧山谷の夜も更けていった★



 ■身支度整えて出発。                   ■脱出点はもう少し上流だ、さらに登る。
    



■この支谷は登れそうにない。







     
   ■ちょっと泳げばすぐに取り付けそうな釜だが、 朝は誰も泳ごう
   とはしない・・・ この上部から左岸の斜面を這い上がって林道
   に出る。


 


 ■木苺が沢山なっていた・・甘酸っぱくて美味い。         ■中央の切れ込みが桧山谷左股だ。両岸原生林が深い。
      





 


■時  期  :  2001年6月16〜17日
■地  図  :  祝子川
■メンバ−  :  羽峡・天唐・F谷・沢グルメ



                                         





inserted by FC2 system